景気のセンターのことや国民景気に関して勉強した

生計などに対して授業しました。生計は、私たちのファミリーを費消機能を行う景気主体としてとらえたものです。家庭では、世帯のだれかが要素などに人手を提供して賃金を得たり、元手や地面を提供して、利率・配当財産や地代を受け取っています。そうして、その給料にて要素などから売り物を購入して費消し、日々を営んでいるわけです。要素は、形成・頒布機能を行う景気メインといえます。生計から人手・元手などの備えを通して、売り物や追加の形成・頒布機能をし、そこから得た儲けの一部においてやり方を維持し、発展させている。経済は、国や行政を景気の主体としてとらえたものです。生計や要素から租税を徴収して、教え・福祉・その他のパブリックサービスを渡したり、景気機能の調整をはかったりしています。こういう生計・要素・経済の3つの景気メインが、それぞれ独自の景気機能を行うことによって、国の景気が成り立っているのです。こういう景気のしくみを市民景気といいます。景気に関しまして授業できて良かったです。