暑くて作業にならない時があるので水分補給をしっかりとせねば

ここ最近暑い日が連日続いていて、職場はかなりの高温の中で作業が行われているので暑すぎて作業にならない時があります。空調は動いているのですが製造関係であるので様々な器械を取り扱っていてほぼ1日稼働しているので器械からでる排熱もあって空調があまりきいてない感じであります。

そのため、夏場のような季節は過酷となっていて、熱中症とかで倒れてしまう方もいたりするので気をつけないといけなくなります。熱中症や脱水症状はいつ起きるか分からないので暑い日は本当に要注意となっています。過去に脱水症状を起こしてしまい倒れてしまった経験があるので若干トラウマが残ったりしています。

熱中症対策や脱水症状の対策は心がけているようにしているのですが、職場がこう暑いとやってられなくなります。なんとかして設備環境を改善してほしいものであります。

工場とかで勤務している方は分かるかと思いますが、あの暑さはかなり大変ですしサウナにいるような感覚になりますよね。

台風などの緊急速報メールについて思ったこと

2週続けて、週末に台風がやって来ました。台風21号の時は、大型で日本列島に上陸したため雨や風の影響も大きく、交通機関も麻痺したため、友人との約束をキャンセルしなければなりませんでした。台風22号は、近づいて来る前から前線を刺激し雨はよく降りましたが、台風としてはコンパクトで私の住んでいる地域への影響は少なく、雨ばかりの週末に少しうんざりしながらも、普通に過ごす事が出来ました。
しかし、今回の台風の影響で、1つビックリした事がありました。携帯電話の災害ツールの緊急速報メールを受信する設定にしてあったから仕方ないのだと思いますが、真夜中や明け方など全くお構いなしに、もの凄い勢いで緊急地震速報と同じアラーム音が何度も鳴り、寝ていた私は何度もそれに叩き起こされる事になりました。
たとえ真夜中でも、地震なら仕方ないと思いますし、逆に知らせて欲しいと思いますが、今回は台風の強風や大雨による「避難準備」や「避難勧告」のメールで、しかも対象地域は同じ市内ではあっても、私の住んでいる住所は含まれない場所でした。夜中にビックリして飛び起きてメールを読んでも、自分とは違う地域の事だなんて…と思いました。
そしてもう一度寝たと思ったら、今度はその避難勧告が解除されましたという内容で、また同じ様にけたたましい音で緊急速報メールが届き起こされて、このシステムはこれで良いのか?と疑問に思いました。誰に言ったら良いのか分かりませんが、本当に必要な人に必要な内容のメールが届く様に、もっと改善して欲しいと思います。
台風が来る度に、関係ない地域の緊急速報メールで頻繁に携帯が鳴り響くのは勘弁して欲しい…と思った私です。脱毛ラボ 48箇所

今日の午後に、中学生が道路でスケートボードをしていました

今日の午後に、自転車に乗って買い物に行った帰りに、家の近所に差し掛かった時に、前方から中学生が私の方に向ってくるのが見えました。ただ、驚いたのは、その中学生が、自動車も時折通る道路であるにも拘らず、スケートボードに乗った状態で、バレーボールを転がしながら進んできたということです。ただでさえ、道路でのスケートボードは危険なのにも拘らず、更にバレーボールを転がしているのは危険です。ヘルメットも被っておらず、転倒時のことが気になりました。相手は、私の目の前で、スケートボードから降りて、バレーボールは道路の側溝に落ちました。転倒も無く、怪我も無くて良かったのですが、こういった危険なことは止めた方が良いというのは当然と思います。大阪に住んでいた時に、道路やビルの前でスケートボードをしている者をよく見かけましたが、こういった行為は危険であると、テレビのニュースでも採り上げられていましたし、警察も注意を呼び掛けていました。実際、新大阪駅の近くの路上で、スケートボードをしている者らが、通過する自動車の運転手に怒鳴られ続けていたというのを見たことがありましたし、私の住むマンションの駐車場でもスケートボードをしている者がいたので、管理人が注意していました。私も、こういった行為については、学校も含めて、注意をして欲しいと思うのですが、地方では、都市部と異なる状況なのか、こういった行為について話題に上ることが無い、或は少ないのだろうと思います。今日は、何事も無くて良かったのですが、今後、この中学生が大怪我をして初めて安全に注意するということでは遅いので、本人がしっかりと自覚して行動をとる様に願っています。