エドワード・ゴーリーの優雅な鍵展へ行ってきました

近頃、伊丹市立ミュージアムで開催された「エドワード・ゴーリーの優雅な内緒展」へ行ってきました。身がエドワード・ゴーリーを知ったのは大学生の間で、お姉ちゃんに「ダークで興味深いピクチャーブックが居残るよ」と言われたのが要素でした。
ゴーリーの品物はどれも暗くて非常識なものがほとんどです。何ともない面構えをして者をいたぶるような叙述が数多く、ピクチャーブックといっても成人スペックだ。そんなゴーリーの品物ですが、アイデンティティーはずいぶんまぶしいものが多いです。ピクチャーブックの子どもたちは総出とぼけ顏で、不思議な架空の鳥獣も」沢山登場します。なかでも中でも注目なのが、「うろんな客席」の謎の鳥獣だ。これはプロダクトにもなっているのですが、断じて見かけない結果、館内のプロダクト仕事場は者であふれかえっていました。ポジションカードはほとんどの人が購入していました。トートバッグとマグカップ、セル図解、iphoneケースも欲しかったのですが、値段を見て断念しました。ネットでもゴーリーのプロダクトはなかなか見つからないので、購入しておけばよかったかなと、遅まきの悔恨だ。