色恋でペアルックして間近だは通用しないですよね

同姓でペアルックなら仲がいいんだなですむけど、恋愛でペアルックして友達だは、ずいぶん勝手でダメがありますよね。疑心暗鬼という。口の周りにプリンがべちゃべちゃついてて、「お前、冷蔵庫のプリン食っただろ?」って問い詰めて、食ってないって異存してるようなもんですよね。例えが上手いですか?きっと要するに交際してますというといった、ネームバリューが落ちちゃうから、取りあえず拒絶狙うんでしょうね。それでもあのペアルック見せ付けられちゃ誰も友達は思いませんよ。とうにお終いですよね。こちら、恋愛で、かつ友達でペアルック着てるの見たことないだもん、聞いたことも。かえってここまで来て否定するのは感覚を今まで異常に決定的にしますよね。しかも拒絶すれば、エッセイストたちに、じゃもっと主人ですとう言う写真を撮ってするぜってなっちゃいますよ。ここで本当はそうですって言えば、エッセイストたちに行く先撮られることもなくなるのに。随分、蟻の巣にはまってしまいましたね。

各種娯楽プランを見ていました

21うちくらいから企画されていた、様々企画を見ました。こういう様々企画は、トークをしたり色んな課題を紹介する企画でした。今回は、麻薬カルテルに高額で大事を狙われる課題などをやっていました。最初は、世界の女子アナアクシデント集をやっていました。中国では台風がきたときのリポーターの女性がロープをしていました。そういった写真は、何とか見ました。次は、フランスのおウエザーアナウンサーを襲った事件をやっていました。高波にさらわれそうになっていました。そして次は、メキシコに巣食う麻薬カルテルの闇を暴いた、女記者の大事が奪われました。メキシコの観点乱発領域へ行っていました。そして、違う様々企画を見ました。国民の心を紹介する企画を見ました。最初は、エレベーターで先に乗って起きるとき最後は残念についてやっていました。次は、お目見え花がオクラの女性が感じるジョーカーイメージについてやっていました。